「心の声を聴く」―主催:ミシュカの森

タイトルのワークショップに入江杏さんよりお声がけいただき参加してきました。
以前から杏さんにお話をうかがっており興味をひかれていた臨床心理士の倉石聡子さん(アップコンセプト・スタジオ代表)が講師であること、アートセラピーがメインのワークショップということで、とても楽しみにしていました。

素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
感じたことはたくさんありますが、倉石さんを軸にした参加者の皆様との対話そのもの、お互いの表現を感じながらお互いをゆっくり知っていく、その対話のプロセス自体がとても有意義なものだと感じられました。それぞれに作品をつくり、お互いの作品について語りながら、批評のように作品にフォーカスするにとどまらず、自然に逸れ、戻り、追いかけながら参加している感触はとても心地好いものでした。作品って先に行くんですよね。

文脈は忘れてしまいましたが、対話の中で、私がある発言をし、杏さんが同意してくれたことがあります。それは、「往々にして利用者さんは、言えていることではなく、むしろ言えてないことに本心が宿っている場合が多い」ことです。もちろん、言えていることからも意味を拾うのは当然ですが、現場での経験上それだけでは不十分で、歌や詩として五感で受け取ることを心がけていました。

エビデンスがあるわけではないのですが、おそらく、不安な状態、混迷した状態にある人って、依存先を振り分けるバランスがうまくいってないゆえに、内面を補強しようとする傾向があるんじゃないかと考えています。自分にも身におぼえがあります。
極端な言い方をすれば、「あなたの希望を聞かせてください」と語りかけられた時、個人として告白する役割を「相手に強制されている」状態になります。「わたしは~したい」が基準になり、その基準に沿った言動でなければ答えていることにならない状態、いわば「制度下に存在している状態」とも言えるかもしれません。

ですが、そもそもその基準に沿えるような自力が保持できているならば何も困らないわけで、その前段階として、「わたしは~」に続けられる状態にある人なのかどうかを察することがとても重要だと思っています。そして、それは、本当に、「前段階」なのでしょうか。

言語化できれば自分の外に出せますが、
出せなければ、いずれ自己の器を超えて溢れ出してしまいます。
あるいは、器自体が内圧に耐えられず決壊してしまうでしょう。
さて、どうするか。そのヒントがアートセラピーにはあると感じました。

この話、掘ろうとするとブログではおさまらないので、このあたりで止めますが、アートセラピーには、その硬直を解放させる可能性があると感じられてうれしかったです。ご興味ある方、是非体験してみてはいかがでしょうか。

前回の講演と同様、テレビの撮影が入っていました。杏さんの活動への敬意が感じられる丁寧な撮影クルーの方々でした。
年末の特番で放映予定だそうです。素敵な番組になりますように。

ミニライヴ in 多古町!!

まずはこんなプレゼンからどうぞ。

在田 創一:ケアからはじまるまち育て「タコ足ケアシステム」

そんな在田さんが中心メンバーのひとりであるタコ足ケアシステム、いまや厚労省も取り上げるほど知られていますが、そもそもは、スナックのご主人、靴職人さん、パン屋さん、通信制高校の教諭さんと生徒さん、などなど、地域で働き暮らす人々が福祉職と連動して育んできた地域ネットワークです。リーダー的存在である多古町のおっちゃんこと郡司さんとお話した時にも「統制していくのはつまらなくなるからダメだ」と仰っていて、自分もまったく同じ考えだったので、とても興味を惹かれました。

実は多古町とのきっかけをつくってくれたのは、わがパイセンこと訪問介護ステーション でぃぐにてぃの代表である吉田真一さんです。去年の今頃だったかな、会社に電話がかかってきまして「いまから無茶なこと言うからね、おれがXmasに多古町で歌うから、伴奏よろ」と指令をうけたのが始まりです。

そんなわけで昨年のXmas、バンド名をひねりもなんにもない「シャチョーズ」としつつ演奏がてら遊びに行ったら、これがほんとに素晴らしい雰囲気でですね、すっかりファンになってしまい、次に行けるのを心待ちにしていたんです。

そして10/6、再訪してまいりました!
今回、屋外ライヴの予定だったのですが、例の台風15号の影響で屋内での開催に。ちなみに、吉田パイセン一家が「日中はラグビー観戦をするので」という理由で、シャチョーズは二次会からの参戦になりました。いやー、めっちゃ楽しかったですよ。

あの自由で開放的な雰囲気は、企図して実現できるもんじゃあないですね。参加している人たちの人間力そのままに他ならないと思いますし、当り前ですけど、やっぱり核となるのはそこで暮らす人々のマインドであることに間違いないと思いますね。ロジックやコンセプトから成立させようとコントロールして上手くいかないのなら、ああいう雰囲気や現実を肌感覚で知らないからかもしれません。ご興味ある方は、是非調べてみてください。シャチョーズ、次はXmasにまた演奏がてら遊びに行きます!

おまけに二次会まで含む動画を。1:14:52あたりからの即興で演奏したCome togetherで背中向けてギター弾いてるのはわたくしめでございます。歌ってるのは郡司さん、ドラムは町の眼科医の先生、在田さんノリノリw

20190926 小杉湯×医療者

起業時からやりたかったことがこんなに早く実現できるなんて。
何よりもまずは、コーディネートに奔走してくれたこの方、友人でもあり、ご近所の保健師さんでもあるふじはるにこの場を借りて御礼を言います。
本当にお疲れさま!えーんど、ありがとう!

ふじはる本人がとても想いのこもったレポートをnoteにあげてくれているので、そちらはおまかせするとして、私なりにこの企画をやりたかった理由を書いておきたいと思います。

そもそも、私が起業してステーションをやりたかったのは、事業として拡大路線を狙って稼ごうとしてではないのです。もちろんこれは、事業としてそういった指向性の方を批判するものでは一切ありません。私自身がステーションを運営するにあたり、そういったモチベーションを保てないし、単純に言って下手くそだろうし、それ以外のことばかり着想してしまうという、自分の指向性によるものです。

弊社の理念:ケアとデザインでくらしをつなぐ

デザインと聞くと、かっこいいフォルムだとか、見栄えのいい色合いだとか、そんなイメージを思い浮かべる方が多いと思いますが、デザインの本質はふたつ、「情報整理」と「関係の再構築」だと私は考えています。弊社なのかもの言葉を借りるなら、ずばり「ソリューション」とも言えます。

いま、孤立や予期不安が問題になっていますよね。
これ、突然発生しちゃった問題じゃないですよね。
ずっと、こうなるだろうとわかっていたことですよね。

なぜ、放置しちゃったのでしょうか。
(でも、このことを悔やんで悩むより)
そもそも、放置ってなんでしょうか。
(こちらに気づくことが大切だと思って)

放置の条件とは何か・・・(あほですね)
ではなく、そこに必ず欠いているものを理解しないといけないなと。

それはきっと、
「出会い」と「対話」です。

イベントの最後にご挨拶させていただいたのですが、その時にお話しさせていただいたのが、保険制度は素晴らしいものだしありがたいものだけど、いわゆる窓口に相談に行った場合、そこでは心理的に「本題」を語らなければいけないプレッシャーがあるのかもしれないということです。「何に」困っている、「誰が」おかしくなっている、「どう」したい、などなど。
でも、人の心配や困りごとって、そんなにはっきり中心が見えているものではないですよね。もっとぼんやりしているから不安に(文字通り)包まれているのであって、中心=課題とはまた別のところのたくさんの情報をご本人の言葉で語ってもらってこそ、その人の本当の悩みや願望が立ち現われてくるものではないでしょうか。

小杉湯さんは、すでに飛び抜けた価値のあるハブとして存在していますが、もちろん一朝一夕に出来上がっているものではありません。街の中で何十年何百年と育まれてきた、街の、住民の、何にも代えがたい「財産」なのです。こういう場所、実はまだまだ街の中にあるはずです。
私たち医療福祉の従事者が「街の地力を貸していただく」リスペクトを持って、歩み寄ってゆけば、もっともっと街の財産に出会えるはずです。その出会いの接点を、知恵と着想で捻り出してゆくことを、私としてはデザインと言っています。

「本題」より、「本心」に出会いに行きましょう。
自分が暮らすこの街のために、この街に暮らす自分のために。

悲しみを生きる力に〜様々な喪失に向き合うための「グリーフケア」@朝日カルチャーセンター新宿

ずっと行きたかった入江 杏さんの講座にやっと参加できました。

ひとことで、素晴らしかったです。

また、大変僭越ながら、今まで自分が考えてきたこと、起業してやりたかったこと、と通じるイメージがあり、自分が成し遂げたいこととグリーフケアは通奏低音が同じなのかもしれないとあらためて考える機会になりました。当日時間があれば入江さんと少しお話しさせていただく予定もあったのですが、諸々の事情により、今回は名刺交換とご挨拶だけさせていただきました。

あまりにも響くものが多かったですし、いまちょうど頭の中がぐるんぐるんしているので、まるでまとまりのない文章になると思いますが、まとまらない分、鮮度と速度はあるはずですので、書き散らかしちゃおうと思います。

実は最近、ある精神科医の言葉「精神の変調とは物事の優先順位が狂うこと」が刺さりまして、そこから紡がれてゆくイメージを今日の講座でもたくさん浴びました。
私の中で、いくつかのフレーズが一気に通電して、知ることと信じることが直結しています。

かれこれ20年くらい前、私はこんなことを言っていました。
「もう悲しくないでしょ?寂しいでしょ?」
生意気ですね。当時を突いている部分もありますが、若気の至りもいいとこです。

今日の講座で「悲しむ力を失った社会」という言葉がありました。
悲しみ方を忘れた、悲しむ力が削がれた、色々表現はあると思います。

でも、今なら、20年前の自分に語りかけられます。

悲しむことができないのは、きっと、とても寂しいことだよ。

いま弊社では、起業の理念である「リデザイン」を少しずつ仕掛け始めています。
それは、形式や制度のステージに乗らない、声になりにくい声をすくいあげること。予期不安と孤立に手を差し伸べ触れていくこと。医療介護職の側から住民に出会いに街の中へ出ていくことです。

住民に出会いに。では、住民の何に出会いに?
今日の講座で貴重なヒントをもらえたので、そのまま書きます。

「個人の物語」に出会いに行くのです。

本来の物事の優先順位が変わってしまわないうちに。

ライヴバンド??

仲良くしてもらってる近隣の保健師さんに
「いおりさんてライヴバンドぽい」と言われたことがあります。
これ、実は結構気に入ってます。

そもそも、プロのスポーツチームやバンドみたいな、メンバーに個性があって、
それでいて自律的な生き物のようなステーションにしたかったんです。
バンドもスポーツチームも、メンバーのアクが強いほうが魅力的だし、
ハマった時の爆発力がすごいでしょう?
それに、在宅ケアには、心の不良性が財産になるとも思ってるんです。
やさしすぎて真面目すぎるがゆえにはぐれ者になってるパーソナリティが。

まだまだ道の途中なのですが、そんなヴィジョンはずっと持っています。

さて。
そんなこんなで、今回は音楽ネタをちょこっとからめて。

持論ですが、いいミュージシャンは弾き語りがうまいです。
演奏テクニック的なことじゃなく、「いい鳴り」になります。
その理由は簡単で、あるジャズギタリストの言葉を引用するなら、
「小さい単位でいい音楽ができないのに、量を増やしてもいい音楽にならない」

その通りですよね。
たくさんの楽器を詰め込んでガシャガシャ鳴らしても、
ギター一本のブルースやトランペットのソロ一発に、
音の迫力で負けることって多々あります。
ボリュームを上げるから迫力ある音になるわけではないのです。

そこで。
つくづく、ステーションについても同じことが言えるなと。
実は立ち上げて一年後くらいにそこそこ売り上げが伸びた時期があって、
支店を出そうか、人材を採用しようか、諸々の準備などしていました。
ですが、詳細は伏せますが、色々あって実現しなかったのです。
でも、それが実現しなかったことに、心から感謝しています。

なぜなら、その後、紆余曲折あり、たくさんの人と出会い、学ばせていただき、
「小さい単位」ですら正常に運営出来ていなかったことを痛烈に思い知らされたからです。
事業である以上、収入がなければ沈没してしまいますが、
収入が増えている時期ってなかなか反省しにくいんですよね。
んで、問題が起きてやっと焦って原因を探し始める頃には一気にあやうくなる。

考察は逆の順序でやるべきなんだ、と今ならわかります。
収入が増えている時期こそ、ひっそりトラブルの種が育っているのです。
うまくいっている時期こそ、足元を見直して、質と規律を再認識すべきなんですよね。

小さい単位で実践できるようになって、はじめて、
コーラスを足したり、エフェクターを変えたり、アレンジを依頼したり、に意味が生まれます。
そのプロセスを外れず、いおりらしいバンドサウンドをつくっていきたいのです。

したたかなあたたかさ

冷夏予想は何処へやら、酷暑真っ只中ですが、
みなさま、体調いかがでしょうか。

この季節になると、あちらこちらで特集を目にすることもあり、
どうしても8/15のことを考えてしまいますね。

私は1974年生まれなので、もちろん戦争のことを直接知りませんし、
むしろ戦後すぐに生まれた団塊世代のJr.と呼ばれる世代です。
ですが一方で、まだ祖父母と孫が密接に関わりのあった世代であり、
その祖父母は戦争真っ只中を過ごしている世代でもあります。

実は今まで二度ほど、戦争について祖父に訊ねたことがあります。
一度目は、ずーっと昔のまだ物心ついたばかりの時に好奇心で。
二度目は、十年ほど前に三十を過ぎたあたりで、静かに。
その頃から祖父が弱ってきていたので、
今を逃すともう直接話が聞けないかもしれない、
と思い切って訊いてみたのをおぼえています。

祖父と祖母と私。
三人で、話をしました。

やっぱり青春時代の記憶って鮮明なんですよ。
情景が思い浮かぶようなエピソードをたくさん話してくれました。
そして最後に「でもな、おばあちゃんにも誓うが、おれは断じて殺めていない」と。

この言葉を聞いた時、自分が無性に恥ずかしくなりました。
また、これは、戦争を憎む十分な理由になるとも思いました。

決して祖父の証言を疑っているわけではありません。
ですが、戦争なら、人を殺めていて当然です。
なのに、もう八十歳をとうに過ぎたひとりの男性が、
現代を生きている私から無意識に倫理的な答えを要求されていて、
それになんとか応じようとしているんです。
しかも、自分の青春時代のことを。

なんて残酷なんだろうと。

でも。
ひとは、したたかであたたかくもあって。

ある詩人(戦争経験者)の本で知ったことがあります。
敗戦後の闇市において、たくさんの物資が出回っていましたが、
米や味噌など、生存のための必需品とあわせて、物流が絶えなかったものがあります。
なんだと思います?

答えは、化粧品です。

それを知った時、感覚的に救われた気持ちになりました。
現代で「したたか」というと、
他人を出し抜いたり、裏工作したり、な印象がありますが、
こういう種族としての根源的なしたたかさって、あたたかいなと思います。
したたかさこそ、本当はシェアしていくべきなのかもしれませんね。

そんなイメージで、また明日からも在宅ケアを盛り上げてまいります。

6月の懐かしい葉書

7月になったので、もう6月が懐かしくなりますね。
特に今年は、すべてが猛スピードで展開している感じがしていて、
今年に入ってからもう三年くらいたったような気分です。

6月で思い出す一枚の葉書があります。

介護の資格を取ってすぐ、先生方の反対を押し切って訪問に飛び込んだものの、
まず自分が訪問介護員としての適性があるかわからなかったので、試しにというか、向いてなかったらあきらめるつもりで、件数制のパートを短期間やっていました。
その時に訪問させていただいていたある御宅。
利用者さんご本人は90歳近い認知症の方だったのですが、家族関係がだいぶ複雑で、どういう血縁かわからない方が何人か同居しており、当然、家の中もかなり荒れていました。そして、どうやら血縁ではないあるひとりの方が、メインで介護をされているようでした。愛想は悪くないのですが、身なりを整えるでもなく、仕事をするでもなく、でもその利用者さんのことは好きみたいで、ケア中もすぐ傍で眺めていたし、慣れてくる頃には話しかけてきてくれるようになりました。

たしか、かなり音楽が好きだったか、彼がバンドをやっているか、詳しくは忘れましたが、たまに「腐った権力が」とか「革命ってさ…」とか、なんつうか、ロックの洗礼をまともに浴びたままな感じのセリフをちらほら聞きましたね。

しばらくして、自分なりに訪問でやっていけそうな手応えも得られたし、そのステーションが男性常勤を募集していなかったこともあり、パート勤務を辞め、別ステーションにて常勤で働くことになりました。

辞める少しくらい前から、「ヘルパーさんってどういう研修するの?」「実際やってみて、しんどい?」と聞かれていたので、分かる範囲のことを教えていたのですが、辞める当日、いつものようにケアを終えて挨拶しようとした時、ふと「あの、わたしもやってみようかな」って。
身内でもなくギャラもなく、それだけ介護を続けてきたのだし、とても性根のやさしい方な印象を受けたので、「是非トライしましょうよ!何か不明なことあれば聞いてくださいね!」と次の就職先の住所をお伝えして、お別れしました。

2年後。
次の就職先だったステーションに、その方から葉書が届きました。6月でした。
その葉書には、前述の利用者さんが亡くなったこと、しっかりお見送りしたあと、勇気を出してヘルパーの研修に通ったこと、実はもうすでに資格を取ったこと、訪問介護で働くのがたのしみなこと、が書いてありました。とても前向きで、力強くあたたかい文章でした。

権力や革命はどこいっちゃったんでしょう。
もしかすると、ご本人がご自身の中で権力を持って革命を起こしたかったのかもしれません。

そんなギフトをいただいてしまっている以上、
私は、さぼるわけにも甘えるわけにもいかんのです。

なので、7月もはりきってまいります!

やらかしやらかされ生きるのさ

みなさんの中には、4月から新しい環境に変わった方も多いと思います。
三ヶ月たって、そろそろ疲れてきている頃なんじゃないでしょうか?

そんなわけで、今回は、社会人として、大人として働くことについて、
自分なりのイメージをざっくばらんに書いてみますね。

はじめに断っておきます…
私、それなりに知られた大学を卒業していますが、就職活動してません。
そして、今なぜ生き延びられているのか自分でも皆目不思議なくらいなので、
一般的な社会人が考えている内容にはなっていないと思います。
そこのところだけ、どうかご承知くださいませ。

こう見えて、というか、そう見えると思いますけど、
私、結構やらかしてきてます。あちこちで。
なので、そもそも、人はやらかすもんだと思っているのです。

例えば、ある有名な経営者さんが新入職の方に向けて言ってたのは、
「社会貢献だとか自己実現だとか、その前にまず自分の給料分稼げ」と。
なるほど、私も経営者の端くれですが、まったくその通りだと思います。
弊社の訪問看護事業などでは、雇用してから、同行を繰り返して、
利用者さんを少しずつ引き継いで、書類や事務面もおぼえてもらい、
などなど、一般的にそんなプロセスで自立していってもらいます。
ですが、保険収入の入金が二ヶ月先と規定されていますので、
雇い入れた方が自分の給料分を稼いできてくれるようになるまで、
おぼえの良い方でも数ヶ月〜1年は先になるということですね。
つまり、一年足らずで退職されてしまうと、
育成にかかった経費が取り戻せず、結果損失を出してしまうことになります。
損失を出してしまうのは、間違いなく、組織にとっても個人にとってもネガティヴです。

はてさて、色々やらかしてきた私としてはどう考えているかというと、

やらかすのはしょうがないっ!!

でも、ですね、色々とやらかしてきた過去があって、
いまは自分なりにやれている(ことを祈る)身として思うことは、

いつまでも、やらかすなっ!!

いつまでもやらかし続けて逃避していると、いつか必ず詰みます。
なので、「ここだったらがんばれそうだ」とか「この人とならやれるかも」と感じたら、
そこで思いっきりがんばってみることが大事です。それがやらかした過去をも清算します。
なぜなら、あなたにとってフィットする場所や人でも、他の人からすれば違って当然で、
そういう方が、あなたの大切な場所でやらかしてそのまま去って行ったりしますが、
そんな時に、大切な場所や人を守るためには、あなたががんばるしかないからです。
未来永劫じゃないですよ。そういうやらかしによる損失はどこでもつきものなので、
それに揺さぶられないためには、自分がそこで踏ん張るしかないのです。

伝わりますでしょうか?

私のように、あちこちで傷つくって恥かいてきた者からすると、
社会にはそのくらいの大らかさがあった方がいいんじゃないか、
そうしておいた方が、結局はみんなが豊かになれるんじゃないかと思います。

ひとりひとりが、自分なりの居場所を見つけるチャンスに、
何度でも、何度でも、出会えるようにしておくためです。

6年

だいぶごぶさたしてしまいました。

運営に関わっているプロジェクト主催のセミナー&ワークショップや、
デザインまわりのご依頼を数件いただいたりなど、
おかげさまで、怒涛のような、でもとても充実した5月でした。

さて、今日は自分の現在の年齢から思い返したことがあるので、つらつら書いてみますね。

私が介護の資格学校に通い始めたのは三十八歳の時でした。
何度か書いているように、そもそもステーション立ち上げが目的だったので、
入学して間もない頃から、NICU出身の担任含め、
様々な講師さんたち(看護師、介護福祉士、理学療法士、社会福祉士、精神保健福祉士など)に、
自分がやがて起業する意志があること、実現したいこと、その着想など、
諸々の相談をさせてもらっていました。

実は、途中まで、看護師に進路変更しようか迷っていたんです。
介護の学校を卒業した後に大学の看護学部に編入しようか、など。
あと、社会福祉士の道もおぼろげながら興味はありましたね。

そんな頃、NICU出身のクラス担任(とても素敵な先生でした)との面談で、
「あなたは、今からでも医者になるべきだ」とアドバイスされました。
お友達の旦那さんが銀行を辞めて当時の私と同い年で医学部に入り直したらしく、
そのエピソードなども添えつつ、医学部への道を奨めてくれました。

私の卒業した大学には医学部がなかったし、身内にも医者はおらず、
まるで医学に縁のない暮らしをしてきた私にとって、
あまりに吃驚する、あまりに光栄なアドバイスでしたが、
結局、私は早く現場に出る道を選び、
資格学校卒業と同時に訪問介護ステーションに入職しました。

それからなんやかんやあり、今年で6年になるのです。
もし、あの時決断して医学部を目指していたら、まぐれ中のまぐれで入学できたとして、
今頃どうだったかなあ、と、ふと6年を区切りに思い返しました。

訪問介護の世界に飛び込んで、紆余曲折あって、でも自分のやりたいことは見失わず、
いま実際にステーションを運営していて、まだまだ課題は山ほどありますが…。
もし、時間が戻せるとしても、起業したゆえに恵まれたたくさんの出会いと、
様々なチャレンジに付き合ってくれる今の仲間を失うのは、やっぱり絶対に嫌だなと思います。

三年目にしてようやく、
起業したときのインスピレーションに賛同してくれる方々と少しずつ知り合えてきた、
これから手を取り合いながら一緒に歩みを進められるかもしれない、そんな感触があります。

6年前の選択を後悔しないためには、
6年前のアドバイスに報いるためには、
これからの自分を、自分で正解にしていくしかないですね。

まだまだ精進いたします。

Bill Evans Time Remembered @アップリンク吉祥寺

いつも名画座通いばかりしている私が、
おそらく二十年ぶりくらいに新作映画を観てきました。
しかも、事前予約までして。
コーエン兄弟の『ノー・カントリー』ですら、
さんざん迷ったあげく早稲田松竹で観たのにも関わらず、です。

えーっと、
本当に、何から書けばいいのかわからないです。
Bill Evansについて語るなんてのは烏滸がましいし、
語ることがほぼ不可能なアーティストだとも思いますし、
言えば言うほど、彼が鳴らした音そのものから遅れてしまう。
いつも、∞±1の光を操っていた人とでも言えばいいでしょうか。

音楽好きで未聴の方は、是非一度、試しに聴いてみてください。
jazzという音楽の特性上、何度か聴いて好きになるのはよくあることなので、
一度聴いてみて、なんとなく気にかかったら、また聴くのがおすすめです。

おすすめ音源をふたつ貼っておきますね。
ひとつめは、彼が組んだ中で最も有名なトリオの演奏。
キレッキレのbassistが夭折してしまい解散したのですが、
今でも根強いファンがいるトリオです。
ふたつめは、超凄腕ギタリストと組んだデュオの演奏。
ピアノとギターは、チューニングの関係もあって、
あまり相性がよくならないことも多いのですが、
この盤に関しては、誰もが認める傑作です。ジャケットも素晴らしい。


Scroll to top