20200415

真に正直であれるかどうかは別として、
ごまかさず言わなきゃいけない時は、誰にでもあります。

私にとって、いまが疑いなくその時です。

まずは、医療関係者の端くれとして、日々感染の最前線で闘っている方々(もちろん私の大切な友人やたくさんいます)に、心からの、魂からの、慰労と称賛を送ります。

二ヶ月前、私はこんな風に思っていました。
「インフルエンザの強いやつなのかな」
「うちは特定接種の指定も受けてるからなんとかなる」

とんでもなかったです。もうすでに五輪延期が遠い昔のことのようです。
個人的に、自分が今まで生きてきた中で最もあやうい時代に入ったと感じていますし、私たちは、間違いなく後世に語り継がれる時代を生きていると思います。国家間での対立構図がわかりやすい戦争はもう起きないにせよ、もし仮に起きたとしても、ここまで一斉に、一撃で、逃げ場のないダメージを負うことはないんじゃないだろうかとすら思います。基礎疾患がなく健常な若い人にとってはほとんど影響がない、とされているウイルスであるにも関わらずです。これが何を意味するか、現代を生きる私たちは、よくよく考えておくべきだと思います。詳細は省きますが、信頼と資源が逆流した途端に一瞬で地盤沈下する、そんな薄氷の上に建つ集合住宅に私たちは住んでいるということです。

そこで。
先日あるスタッフにも伝えたのですが、もうコロナ以前の世界は戻ってこないと私は考えています。コロナ以後をどう生きるかしかないのです。
では、コロナ以前の世界とはどういう世界だったでしょうか。居心地はよかったですか?未来に希望は持てていた?自分の可能性に挑戦できていた?早く死にたいと思ってなかった?あるいは抜け目ない人生を気に入っていた?そもそもコロナ以前に戻りたいと懐かしめますか?

正直に言います。私は、YesともNoとも言えません。
もちろん、起業したのは社会に対してチャレンジしたい何かがあったから、納得いかない現実を自力で解決しようとしていたからです。それは変わっていませんし、起業の理念は一ミリも変わっていません。ですが、先進国の一員として存在しているだけで、それだけの恩恵は間違いなく受けており、つまり自分は十分に種族における加害者だという認識も常にあります。善悪の話じゃないです。偶然の上に存在している自分が、何かや誰かを裁くことに抜きがたい違和感があるいうことです。

ただ、グローバリズムによる痛みと歪みは誰もが間違いなく実感していたとは思います。この仕事をしていると、まるで戦時下のような暮らしを強いられている(ここが大事です)ひと、心理的に闘争状態か鬱状態にならないと生存できないようなひと、信頼も資源も取り上げられたまま意思すら表現しなくなったひと、そんな人々がたくさんいることを理屈を超越してよくわかります。

放置してきたんですよね。見て見ぬふりです。
傷ついている人々を放置し、見て見ぬふりして、得たのがこれです。
とぼけているためなら、どんな理屈でもつけてきたんですよ。

コロナ後の世界をどう生きるべきでしょうか。
いや、今回はそんなもの用意されてないんですよ。
だから、あなたはどう生きたいか、どういう世界にしたいか、です。

私には、きっかけとして、ふたつ思い出されることがあります。

ひとつめ。
先日、久しぶりにジャック・アタリがテレビ出演していました。
だいぶ以前から「利他主義」をかかげていた氏ですが、今回のコロナでさらに「合理的な利他主義」を提唱していました。まさにですね。他人を感染させないこと、他人を守ることが、そのまま自分を守ることに直結するのです。10年ほど前に触れてとても感銘を受けた氏ですが、もう一度考えてみたくなるいい機会をくれました。

もうひとつ。
柄谷行人氏がカントを引用するときに用いる「他人を手段としてのみならず、同時に目的として扱う」という解説です。「手段としてではなく」というのが重要です。およそ現代を生きているひとは、離島でひとり自給自足でもしていなければ、誰もが他人を手段として利用しながら生きています。ただ、同時に手段として「のみならず」目的として認識することで、強度と持続性のあるネットワークを、またそれを構築するプロセスを創り出せないでしょうか。

最後に。
これだけのダメージの後ですから、どこかのタイミングで間違いなく「総体」を第一目的とするムーヴメントが起きるでしょう。私は反体制主義者でも革命家でもなんでもないですが、非常にあやうい局面がくるだろうと危惧しています。ですが、それ自体を否定することにはまったく意味がありませんし、悲観することもありません。そんなもの、いつでもあるのです。顕在化しているかどうかの違いだけです。大切なのは、自分は個体としてどう生きていくのか、自分の責任と自由を何に求めるのか、それだけが試されていくのだと思います。

フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』の重要なシーンでこんなセリフがあります。
「人生はカーニバルだ、ともに生きよう」

ひとが「ともに生きる」というとき、生者だけでなく、
とっくに亡くなった者たちも、まだ生まれてきていない者たちも、含まれると思います。

今日から4年目

みなさま、こんにちは。

いおりは今日から4年目に入ります。
この日を迎えることができたのは、
私たちを応援してくださっているみなさまのおかげです。
心より感謝申し上げます。いつもありがとうございます。

根拠と論理をフル稼働させながら、人の暮らしと心を、
そして町の可能性を広げていく訪問看護師さんを、本当に凄いと私は思っています。
私の仕事は、彼らにどう存在してもらうべきかをデザインすることです。
これからも、ぶれずに私たちらしくまっすぐ歩いてまいります。

4年目も、どうぞよろしくお願いいたします。

もうすぐ満三歳

何かの節目に読み返している文章がいくつかありますが、
今日ご紹介するのもその中のひとつです。
ステーションが三歳を迎えるにあたり、
また、長期的なプロジェクトが始動しそうなこともあり、
このタイミングで読んでおきたくなりました。
ご興味ある方は、ご一読ください。

ちなみに、みなさんよくご存知の作家が教え子に向けて書いた手紙です。

………………………………………………………………………………………

八月廿九日附お手紙ありがたく拝誦いたしました。
あなたはいよいよご元気なやうで実に何よりです。
私もお蔭で大分癒っては居りますが、
どうも今度は前とちがってラッセル音容易に除こらず、
咳がはじまると仕事も何も手につかずまる二時間も続いたり、
或は夜中胸がぴうぴう鳴って眠られなかったり、
仲々もう全い健康は得られさうもありません。
けれども咳のないときはとにかく人並に机に座って切れ切れながら
七八時間は何かしてゐられるやうなりました。

あなたがいろいろ想ひ出して書かれたやうなことは最早二度と出来さうもありませんが
それに代ることはきっとやる積りで毎日やっきとなって居ります。
しかも心持ばかり焦ってつまづいてばかりゐるやうな訳です。
私のかういふ惨めな失敗はたゞもう今日の時代一般の巨きな病、
「慢」といふものの一支流に過って身を加へたことに原因します。
僅かばかりの才能とか、器量とか、
身分とか財産とかいふものが何かじぶんのからだについたものででもあるかと思ひ、
じぶんの仕事を卑しみ、同輩を嘲り、
いまにどこからかじぶんを所謂社会の高みへ引き上げに来るものがあるやうに思ひ、
空想をのみ生活して却って完全な現在の生活をば味ふこともせず、
幾年かゞ空しく過ぎて漸く自分の築いてゐた蜃気楼の消えるのを見ては、
たゞもう人を怒り世間を憤り従って師友を失ひ憂悶病を得るといったやうな順序です。
あなたは賢いしかういふ過りはなさらないでせうが、
しかし何といっても時代が時代ですから充分にご戒心下さい。

風のなかを自由にあるけるとか、はっきりした声で何時間でも話ができるとか、
自分の兄弟のために何円かを手伝へるとかいふやうなことは
できないものから見れば神の業にも均しいものです。
そんなことはもう人間の当然の権利だなどといふやうな考では、
本気に観察した世界の実際と余り遠いものです。どうか今のご生活を大切にお護り下さい。
上のそらでなしに、しっかり落ちついて、一時の感激や興奮を避け、
楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行きませう。
いろいろ生意気なことを書きました。病苦に免じて赦して下さい。
それでも今年は心配したやうでなしに作もよくて実にお互心強いではありませんか。
また書きます。

………………………………………………………………………………………

宮沢賢治が死の十日前に書いた手紙です。
四年目もどうぞよろしくお願いいたします。

visiting nurse

英語では何通りかの言い方があるみたいですが、
個人的には、訪問看護師=タイトルの呼び方が好きです。

今回書きたいことは、個人情報にも関わってくることで、正直悩みました。
ですが、いおりの特徴でもありますし、是非知ってもらいたいことなので、
出来るだけ具体的な描写は控えつつ、書いてみたいと思います。
だいぶ筆が鈍く、また恣意的な印象のエントリーになるとは思いますが、
そういう事情ですので、どうかご容赦ください。

弊ステーションの目黒サテライトでは、通常のご依頼も承りつつ、
障害や精神や重心へのアプローチを大切にしています。
それは、利用者さまご本人のみならず、親御さんはもちろん、
ご友人や生活空間が含まれるネットワークにアプローチすることです。

障害を抱えるお子さんを持つ親御さんの不安は、
とても平易に語れるものではありません。
認識にならない。なりえない。
人間関係は家族であろうと複雑で流動的です。
それでもやはり、自分がこの世を去った後のこと、
確実に一日ずつ訪れるその日への不安は、想像を絶します。

この子はどうなるんだろうか。
誰と暮らしていくのだろうか。
誰が助けてくれるのだろうか。
自分に責任があるんじゃないだろうか。
もうすぐ背負えなくなる時がくるのに。
受容できるのだろうか。お互いに。

その状況に直面している某訪問看護師は、
病院、主治医、相談員さん、グループホームのスタッフさん、などなど…
その方にまつわるすべての関係者を巻き込んで、カンファを繰り返しています。
取り返しのつかないことにならないように必死で最善策を考えてくれています。
利用者さまの御宅に訪問するのがいわゆる訪問看護師の仕事ですが、
もはやどこに訪問しているかわからないくらいの動き方と連携をしてくれています。
でも、visiting nurse なら出来るんですよね。
出会いに行く、伝えに行く、看護師さんなのですから。

先々月、あるスタッフから相談を受けました。
また先ほどとは別の利用者さまについて、
サービスを終了させた方がいいのかどうかの相談でした。
その時のスタッフからの答えが強烈に印象に残っています。

私は「もし売り上げを意識して迷っているなら、気にしないでいいよ」と答えたんです。
スタッフは「ありがとうございます。でも、わたし、そう言われちゃうと苦しいんです」

響く人には、直撃する会話ですよね。
私も介護ですが現場出身なので、すぐにニュアンスを思い出してハッとしました。
こんな風にストレートな思いをスタッフが伝えてくれること、この上なく幸せです。

訪問看護師さんて、すごいです。

WS@東京大学

先日、東京大学の研究所主催ワークショップにお声がけいただき、参加してきました。
イントロで、基盤としている考え方を少しお話しさせてもらったのですが、
さっそくランチブレイクの時に興味を持って話しかけてきてくださる方がいました。
某超大手企業に所属しているその方は、こう仰っていました。
「社員の介護離職・休暇に悩んでいて、なかなかソリューションが見つからないのです…」

まず、この問題の切実さに気づいていらっしゃること、
社員の問題を企業側としてなんとか解決したいと思っていること、
ならばとこういうワークショップに参加してみること、
本当に素晴らしいと思いました。

イントロで「わたしたちから出会いに行きたい、出会いに行くべきなのです。それは苦しんでいる当事者やご家族のためだけではなく、より良いケアを提供させていただきたいわたしたちのためでもあるんです」とお話したのをポジティヴに感じてくださったようで、「とても感銘をうけました。そういう活動がもっと広がってくだされば…。」と仰ってくださいました。

たとえば、自分がなんらかの病気になったとします。自治体や役所に申請に行きます。
聞かれるのは、「どうしました?」「お医者さんはなんて?」「ご家族は?」etc…
つまり、いきなり「本題」なんです。しかも専門職側の文体や語彙とすりあわせていく形で。
断っておきますが、決して批判しているんじゃありません。
その本題のやりとりの前に、もっと出来ることや打てる手があると思うのです。

なんのために?
自分を含めた人間の暮らしが、より素直で、より自由であるためにです。

それこそが地域密着型ステーションの特技のはずです。

だって、自分という存在と向き合ってみれば、ほとんどが本題以外で成り立ってますよ。
理解や意味に落とし込めない、いわばノイズをたくさんまとっているのが人間です。
でも、ノイズでも、伝わる人にはあっさり伝わったりするから面白いんですよね。

ここでも何度か書いていますが、起業した時のインスピレーションである「リデザイン」を待っている方は、たしかにいる。
それは去年あたりから確信に変わりました。また、共鳴してくださる方とも少しずつ出会えるようになり、さらに力を貸してくださる方、力を与えてくださる方と一緒に動き始めています。経営者としてこんなに幸せなことはないですね。

ちなみに今回のワークショップ、東大といおりの橋渡しをしてくれたのは、
昨年から関わらせていただいている小杉湯さんなんですよ。
地域のステーション〜町のハブである銭湯〜東京大学の研究所と一気に繋がったんです。
こういう水平展開、めっちゃおもろくないですか?

明後日、また某国立大学の方がいおりに取材にいらっしゃいます。
今度はどんな展開になってゆくのでしょうか。どんな価値がつくれるんでしょうか。
奇妙な言い方ですが、「他人事のように」愉しみなんです。

Image

よろこび

情けなくも白状すると、正直、いま運営陣はてんてこ舞いです。
今年からサテライトが開設し、様々なプロジェクトに参加し、また自分たちでも企画し、
本ステーションの杉並は病院さまクリニックさまから直接ご依頼がいただけるようになり、
ありがたきしあわせな悲鳴をあげています。

医療依存度が高い利用者さまのご依頼をいただけることは、
訪問看護ステーションとして信頼していただけている証しです。
そして同時に、連日訪問になる可能性が非常に高いのです。

そんな中、あるスタッフから私に、直接メッセージをもらいました。
「管理者さんが、とても大変そうです。わたしたちを頼ってください」
「スタッフで相談しました。明日の休日訪問はわたしたちが代わります」

本当にうれしかったです。
これだけステーションが閉鎖していく、倒産していく、
人材が集まらない、パワハラが横行してる、管理者が無責任などなど…
そんな話をあちこちで耳にする昨今、なんて恵まれているのだろう。

感謝、と言いたいし、むしろ言うべきところなのかもしれませんが、
もっと奥深くのやわらかい部分にダイレクトに響く「よろこび」でした。
見える景色が広がっていく、見たい夢が生い茂っていく、そんなよろこびです。

専門職として以前に、人として、こんな愛情あふれるスタッフたちに、
もっと幸せになってもらいたいし、もっと町の中で活躍してもらいたいです。

そのために、私は、ひとりで真っ暗闇を先陣切って走り抜けて、
やさしい灯りをともして、みんなを信じて待ってようと思います。
みんなが到着して、また出発したら、先回りして荒地を耕して、
新種の作物をつくって、またみんなを待ってようと思います。

鉄火巻とかっぱ巻

私、けして清貧を尊ぶ気質じゃありません。
どんどん豊かに、飢えることなく、美味しく、
気持ちよく、心地よくなるべきだと考えています。

ところで私、回転寿司に行くと、
ほぼ毎回鉄火巻とかっぱ巻を頼むんですよ。

あなたも?
これは奇遇。

私は群馬の生まれで、群馬は山のものが基幹食材である地です。
冷凍技術が格段に上がった現在とはまるで状況が違いますし、
海のものはあんまりよくなかったはずですが、
きっと祖父にとっては、寿司=ご馳走だったのでしょう。
祖父宅から帰る日には、必ず食べさせてくれました。
カドヤという名前の今でいうファミレスみたいな和食屋さんで、
寿司桶のフリしたプラスチックの桶に、
たしか三ツ矢サイダーのロゴみたく3列に並んでた。鉄火巻。

不思議なのは、
肝心の味はまるで思い出せないのだけど、

だいたいこんな感じの照明で、
自分の視線の高さはこんなくらいで、
こんな声色で誰かと誰かが喋っていて
さっきまでいた家ではこんな音色で鈴虫が鳴いてて、
トイレまでの廊下はこんなくらい暗くて寒くて、
炬燵で曽祖母ちゃんがこんな表情で煙草を吹かしていて、

はるか遠い記憶なんだけれど、なぜか「こんな」と。
「こんな」ばかりを憶えているんです。
おれ、どうやって集めたんだろう。

まあ、それはおいといて、
最近読んでいた本にですね、かの有名な懐かしいフレーズ、
「家庭の幸福は諸悪の本」と「親があっても子は育つ」
が引用されていたので、まあそりゃそうだ、と呟きながら、
鉄火巻を美味しくもぐもぐしてました。それが土曜の昼です。

ちなみに、かっぱ巻を頼むのは、
わさび巻的な役割というか、
なんとなく最後にさっぱりとしたくて。

あれから三十年

えーっと、実は久々に本格的な体調不良でして…。
じゃあ、ブログなんて書いてないでさっさと休めとも思うんですが、
それは、まあ、最後に理由を書くとして。

三十年前の冬、中学校三年生の私はあるコンサートに行きました。
そう、当時復活ワールドツアー中だったPaul McCartneyです。

何度かこのブログでも演奏について不遜な物言いさせてもらっていますが、
当時の私、もう自分でギター弾いて歌ったりしていた頃で、
練習しては録音し、自分の演奏を聴いてみても、ささやかな自信があったんです。
もうね、、、The Beatlesにハマりまくっていて。。。
授業中、ずっと歌詞を翻訳していたことで英語が得意になったし、
ギターのネックに近い厚みのアルミ製の筆箱を買ってきては、
裏にマジックペンでフレットと弦を書き込み、
指攣りそうになりながらも押さえまくる練習をしていました。
一曲仕上がると、友人に無理やり聞かせ、
ほとばしる才能を見せつけていたわけです。あほですね。

そして当日。東京ドーム。
たしか当時のPaulは48歳くらいだったけど、
もうね、ショックでした。凄かったです。ガツンとやられました。
なにがって「こんなに声を出すんだ」ということに吃驚したんです。

自分がそれまで耳にしてきたのは、
あくまでメディアに記録されている音だったわけで、
それはもちろん悪いことでもなんでもないんだけど、
本人が、生身の本人が目の前で発散しているそのもの、
その迫力って凄いし、それを感じ取ることも凄いんだなと。

それ以来、自分の演奏が向かう先、その景色が変わったんです。

似たような話を別で聞いたこともあります。
アメリカで活動している日本人ジャズギタリストの方が話していたのですが、
まだ日本に住んでいた頃、当時高校生でライブホールのアルバイトをしていた時、
すごいグループの来日公演に立ち会えた。そのバンドのギタリストに、
「自分もジャズやってるんですけど、よかったら聞きに来てください」と伝えたら、
なんと、小さなライブハウスに本当に来てくれたと。
それで、楽屋に転がっている安物の楽器とアンプでちょろっと弾いてみせてくれたら、
もう、そのギタリストの音になっていて吃驚したらしいのです。
その時、もちろん機材が良いに越したことはないけれど、
あくまで、指のアクションでその人自身の音が出ることに気づけたと。

ただこれもですね、エピソードとしてめっちゃ素敵なんですが、
やっぱり当事者に突き刺さった衝撃は、なかなか伝わりにくいとも思います。
なので、自分自身にとっての刺されるチャンスを逃さないようにしたいですね。
生身の人間がやれることの迫力って、本当に凄まじいです。
メディアや情報に流されがちな時代であるならなおさらです。

ところで、なんでこんなネタを書いたのかと言うと、
ああ、自分が疲れているな、と心の深い部分があやうくなったとき、
昔に夢中になった音楽が救ってくれること、ありませんか?

誰もが成長過程で通過する時代、
理屈や解釈におさまらず感覚だけで世界を広げていく時代、
その時代に愛したものは、そうそう嫌いにはなれないし、
ふとしたときに出会いなおすと、また手を繋いでくれます。

今日は、これを聴きました。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
皆様方にとってたおやかな一年になりますことを、
心よりお祈り申し上げます。

さて、本年より、ナーシングケア いおりは、
ふたつのステーション(杉並ステーションと目黒サテライト)を稼働させて
地域の皆様に尽くしてまいります。

特に目黒サテライトにおきましては、
障害、小児、精神疾患の利用者さまやご家族さまへのケアも幅広く承りつつ、
信念と着想をもって貢献させていただきたいと考えております。

在宅ケアとデザインの可能性を信じ、より一層精進してまいりますので、
本年もどうぞお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

Scroll to top