うれしく、うらやましく。

昨晩、第一回 いおり presents プチ懇親会がありました。
お忙しい中、11人のご参加をいただきました。ありがとうございます。

私はこの業界に入ってまだ4年ほどのペーペーですが、
当初からいつか起業するつもりではあったので、
自分から見て魅力的なプレーヤーだなと感じた人とは、
絶対に繋がっておこうと努力はしてきたつもりです。
そうこうしているうちに、「あの人とこの人を繋げたら面白いな」とか、
「この人はあの人と連携したらもっと活躍しそうだな」とか、
そんな思いつきが増えたので、一挙に集まってもらっちゃおうと企画した次第です。

立ち上げてまだ半年ちょいのステーションが主催の懇親会に、
11人も、しかも実力もあって素敵な方ばかり集まってくださり、本当にうれしいです。
専門は違えど似たようなセンスを持っている方に集まってもらったつもりで、
どうやってお互いを紹介しようか不安もあったのですが、
やっぱり類友ですね、皆さん、自由に積極的に歓談してくださいました。

4年経てみて個人的に思うのは、
この仕事は組織→組織へ依頼するものじゃないなということです。
あくまで”その人”を、信じて、頼って、仕事を依頼するんですね。
他の仕事でも多かれ少なかれその要素はありますが、
厳しい状況に出くわす機会の多いこの仕事はなおさら、です。

昨晩の皆さんを遠巻きに見ていて、
素晴らしいプレーヤーたちがこういう場を利用して現場同士でどんどん意見交換して、
やがてどこかで手を組みあって、自分たちの納得いく仕事を増やしていって、
助けを待っている利用者さんの幸せや満足をコツコツと生み出してゆく、
そんな姿が思い浮かんできて、現場を離れている自分としてはうらやましくも感じました。

と、うれしさとうらやましさとないまぜになっていた今朝、
2年前まで約2年間担当していた利用者さんのご家族から、

「けんちゃん(その利用者さんからこう呼ばれてました)、いいよねえ」
「けんちゃん、今どこにいるの?」と義父が言ってますよ。

とメールをいただいて、ひさびさにぐっときてしまいました。。おぼえててくれたんだ。

そしてますます現場の方々をうらやましいなあ、って思いました。。。

アルツハイマーの利用者さんだったんですが、
もともと石屋の親方さんだった苦労人で、石のことたくさん教えてくれて、
ほんとに大らかで、やさしくて、素敵なおじいさんで、
私のことを気に入ってくれていて…もう書きたいこと山ほどあります。

この業界、現場経験なく単に事業として参入している方も多いみたいですが、
やっぱり、こういう醍醐味を知らずに経営するのはもったいないですよ。

昨晩はとてもうれしく、今朝はとてもうらやましく、
いろいろな思いが去来した土日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top