やらかしやらかされ生きるのさ

みなさんの中には、4月から新しい環境に変わった方も多いと思います。
三ヶ月たって、そろそろ疲れてきている頃なんじゃないでしょうか?

そんなわけで、今回は、社会人として、大人として働くことについて、
自分なりのイメージをざっくばらんに書いてみますね。

はじめに断っておきます…
私、それなりに知られた大学を卒業していますが、就職活動してません。
そして、今なぜ生き延びられているのか自分でも皆目不思議なくらいなので、
一般的な社会人が考えている内容にはなっていないと思います。
そこのところだけ、どうかご承知くださいませ。

こう見えて、というか、そう見えると思いますけど、
私、結構やらかしてきてます。あちこちで。
なので、そもそも、人はやらかすもんだと思っているのです。

例えば、ある有名な経営者さんが新入職の方に向けて言ってたのは、
「社会貢献だとか自己実現だとか、その前にまず自分の給料分稼げ」と。
なるほど、私も経営者の端くれですが、まったくその通りだと思います。
弊社の訪問看護事業などでは、雇用してから、同行を繰り返して、
利用者さんを少しずつ引き継いで、書類や事務面もおぼえてもらい、
などなど、一般的にそんなプロセスで自立していってもらいます。
ですが、保険収入の入金が二ヶ月先と規定されていますので、
雇い入れた方が自分の給料分を稼いできてくれるようになるまで、
おぼえの良い方でも数ヶ月〜1年は先になるということですね。
つまり、一年足らずで退職されてしまうと、
育成にかかった経費が取り戻せず、結果損失を出してしまうことになります。
損失を出してしまうのは、間違いなく、組織にとっても個人にとってもネガティヴです。

はてさて、色々やらかしてきた私としてはどう考えているかというと、

やらかすのはしょうがないっ!!

でも、ですね、色々とやらかしてきた過去があって、
いまは自分なりにやれている(ことを祈る)身として思うことは、

いつまでも、やらかすなっ!!

いつまでもやらかし続けて逃避していると、いつか必ず詰みます。
なので、「ここだったらがんばれそうだ」とか「この人とならやれるかも」と感じたら、
そこで思いっきりがんばってみることが大事です。それがやらかした過去をも清算します。
なぜなら、あなたにとってフィットする場所や人でも、他の人からすれば違って当然で、
そういう方が、あなたの大切な場所でやらかしてそのまま去って行ったりしますが、
そんな時に、大切な場所や人を守るためには、あなたががんばるしかないからです。
未来永劫じゃないですよ。そういうやらかしによる損失はどこでもつきものなので、
それに揺さぶられないためには、自分がそこで踏ん張るしかないのです。

伝わりますでしょうか?

私のように、あちこちで傷つくって恥かいてきた者からすると、
社会にはそのくらいの大らかさがあった方がいいんじゃないか、
そうしておいた方が、結局はみんなが豊かになれるんじゃないかと思います。

ひとりひとりが、自分なりの居場所を見つけるチャンスに、
何度でも、何度でも、出会えるようにしておくためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top