公器であること

弊社は、税理士さん(兼 中小企業診断士、行政書士)と
特定社会保険労務士さんに顧問になってもらっています。

立ち上げからわずかの会社で、すでに、税理士さんはまだしも、
社労士さんと顧問契約しているのはめずらしいみたいですが、
医療介護業界が噂されている印象(きつい、ブラック、パワハラetc…)を
払拭していかなければ、すぐれた人材の確保、在宅ケアの価値認知など、
仲間内の夢物語でしかない、と起業当初から考えていたので、
環境や待遇面をクリアにしてくださる社労士さんに、
定期的にチェックしてもらっています。

ほとんど個人事業主として生きてきた私は、
本質的に世の中にはホワイトな事業などありえないことを
自分の肌感覚として知っています。
利益を出し続けることは並大抵のことではありません。
きれいごとでみんなが暮らしていけるほど甘くはありません。

ですが、ろくに創意工夫や経営努力さえもしないまま、
従業員に「量を増やすこと」を求めるケースが多いように、
いくつかのステーションに在籍しながら感じてはいました。

会社を起こして一年が経ち、初めての決算を迎えました。
決算に合わせて先述の顧問の先生二人と面談したのですが、
経営方針、経営状況、ともに非常に高く評価していただき、
なにより嬉しかったのが、
「先がとても楽しみな会社です」と言ってもらえたことです。
様々な会社の内情を見てきている専門家からの客観的な評価は、
素直に、励みになりますし、また身が引きしまります。

今後数年のプランについても相談を始めました。
二年後くらいにこういうことを実現していたい、
という明確なイメージがありまして、
そのプランについても、整備すべき条件や
税務面の有利不利などアドバイスいただいてます。

会社は様々な意味、役割、価値、責任を負いますが、
経営者が絶対に忘れてはならないのが、
「公器」であり続けるということです。
二宮尊徳の有名な言葉があります。
「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である。」
個人的には「道徳」を「倫理」に言いかえて使いたいですが、
いつの時代も通用する言葉だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top