実践的であるかぎり

以前、
「日本人には宗教がない」と書いた作家がいました。
「血縁に重きを置いたまま近代化した国」と言った僧侶がいました。

実はこのふたつ、私が在宅ケアにかかわりたいと考えた動機、ほぼそのままです。

おそらく現代の日本人は、
血縁・地縁に重心をかけたまま個人主義をめざして、
経済成長に便乗してなんとなくの体裁はつくろったけれど、
個人の言動を映し出す鏡を持っていないままなんです。

けっして血縁や地縁を否定するわけではありません。
が、血縁からもっとも遠く離れた個人を肯定する方法に欠けるのは、
社会としてとても不利だ、と考えています。
道徳があっても倫理がない、と言い換えてもいいです。

メディアやそれを欲する人々が、犯罪者の家族を追い込んでいるのを見ると、
私はどうにもやりきれなく、ハラワタ煮え繰ります。
あの歪んだいじめも、おそらく前記のことが源泉になっていると思います。

責任をとることと原因を探すことはまったく別なんです。
「わたし」を存続するためには責任をとらなきゃいけないし、
「あなた」を尊重するためには原因を探らなきゃいけない。

さて、
かと言って私は、宗教をでっちあげたいわけじゃありません。
またどっかから輸入してくればいいじゃん、とも思いません。
でも、地縁から遠く離れた個人を映し出す鏡、その鏡がある彼岸、
みたいなものは生み出せるんじゃないかと考えています。

その役目を在宅ケアステーションが果たせないか、と考えています。

以前にも書きましたが、障害や疾病や老いは、
職業・家柄・人格など、いっさい関係なく誰の身にも起こりうるものです。
そのひと個人が引き受けなければならないものです。
私たちは、苦しかったり、痛かったり、心細かったり、怖かったりする
ごまかしようのない個人を訪問し、味方になります。肯定します。

福祉というものは、社会が高度に機能すればいらないものかもしれません。
そのレベルに達していないから、わざわざつくられたものかもしれません。
裏を返せば、福祉に関わるものは、社会すべてにかかわりを持てるということです。

宗教としての宗教じゃなく、
個人が生きる陰影を映し出すものとしての宗教、
在宅ケアステーションが、その鏡として存在できないか、
そういう社会のデザインができないか、と考えています。

もちろん、実践的であるかぎりにおいて、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top