弊社デザイン商品販売開始(2021/10/1)のお知らせ

このたび、弊社がデザインを担当させていただいた商品が10月1日発売になるので、先行して張り切ってお知らせしちゃいます。まずは画像にてメイン商品のジャムをご紹介させてください。なかなか愛らしいパッケージができたと思うのですが、いかがでしょうか。


こちらの商品は、1993年から続くお店「ホサナショップ」のオリジナル商品で、素材をふんだんにつかった無添加&手作りが売りです。お世辞抜きでパンチがきいていて美味しいジャムなので、是非お試しくださいませ。

さて、わたしたちがなぜこの商品に関わらせていただいたかについて、お話しさせてください。

わたしたちが考えているデザインの定義は「かっこいい形や素敵な色合いをつくること」ではありません。もっと本質的な意味でのデザイン「情報と状況を整理して、新しい関係性を生み出すこと」を目指しています。

医療福祉業界では、素晴らしい活動や素晴らしい製品であるにもかかわらず、見せ方や伝え方がうまくいかずに正当な評価を受けていないケースをしばしば目にします。また、企画や初期費用の面でも、ブランディングやデザインに予算を立てにくいご事情があるかと思います。

そこで、医療福祉の現場を知るデザインラボとしてわたしたちは、初期費用を可能なかぎり抑えながら、長く伴走させていただく形で、地道にがんばっている方々のお手伝いができないかと考えておりました。

たとえば、今回のクライアントであるホサナショップ様は就労継続支援B型の施設です。B型施設は、なかなか利用者さんに工賃を存分に支払うのがむずかしい実情があります。

ですが、たとえばもし、わたしたちがお手伝いさせていただくことで、商品の質に見合ったデザインがなされ、今まで知らなかった方にも知っていただけて売上を伸ばすことができたら、より安定した施設経営、利用者さんへの工賃増額、地域住民のアルバイトでの参加など、経済面においても人間関係においても、ユニバーサルデザインへの一歩を実現できるのではないだろうか、それは医療や福祉の境界線を越えて、デザインの力で、町で暮らしている利用者さんたちのQOLに貢献できることになるのではないだろうか、そう考えていました。

今回窓口になってくださった職員の方が「“持続可能な自主製品の製造と販売”は“持続可能な事業所の在り方”そのものです」とおっしゃっていました。まったくその通りだと思います。

起業前からの夢がひとつ叶えられました。この機会をくださったホサナショップ様には心より感謝しております。もちろん、発売してからが本番ですので、これからも精一杯のサポートをさせていただきます。

医療福祉の制度はとても重要なものですし、様々な困難な状況にいる方にとって貴重なきっかけとなりうるものです。そのきっかけを基盤にして、そこから自分たちで道を開拓していく、そして自走していくためのチャレンジは、きっと愉しいものになるはずだとわたしたちは信じています。

ところで、蓋の果物シールかわいくないですか?
こちらホサナの利用者さんが描いてくれたイラストをモチーフにつくりました。

インターンシップにつきまして

このたび弊社は、お茶の水女子大学 生活科学部 人間生活学科 生活社会科学講座とインターンシップ契約を締結いたしました。このインターンシップは、学生さんたちが外部機関にて実習し、その実習内容が評価対象となり、大学から単位として付与されるプログラムです。その外部機関のひとつとして、今年度から弊社を加えていただけることになりました。

このブログを読んでくださっている方はご存じかもしれませんが、実はこの企画、起業以前から実現したかったことのひとつでした。

もう5年以上前になります。まだステーションを開設する前にデザインラボとして外部協力させていただいたことがありました。その時、お世話になった先生に「いつかステーションを開設する予定なのですが、その時にはインターンシップを企画させていただけますでしょうか」と伺ったところ、「起業して何年かしっかりがんばれたら、またその時にご相談しましょう」とのお返事をいただいておりました。

いおりが5年目を迎えた今年、あらためて先生にご相談させていただいたところ、ありがたくもプレゼンテーションの機会をいただき、学内での審査をへて、正式に採用していただいた次第です。

ご承知のように、お茶の水女子大学は伝統ある難関国立大学であり、ジェンダーや男女共同参画などについてもリーダーシップのある大学です。卒業生は官庁に入職したり研究者になったりする方も多く、いわば制度設計や問題提起に直接関わる人材を輩出している大学です。わたしたち在宅ケアのステーションはそういった方々にとっての「現場を体感してもらう橋渡しの役割」を担うべきだと、ずっと考えておりました。

是非、学生のみなさんにはこのインターンシップを活用し、現場のケアを通じて見えてくる「様々な対話」や「答えのない問い」を体感していただきたいと思います。また、社会の網からこぼれてしまう人はどこからやってきてどこへゆくのか、そういった現実に早い段階からふれることは必ず貴重な財産になってゆくとも思います。

そして、日々ひとつずつケアを積み上げているわたしたち現場の支援職にとっても、未来に向けてそのような種を蒔いてゆくことは、自分たちの働くフィールドをより豊かにするための、また未来の人々の安心と安楽を実現するための道筋づくりになるのではないか、そう考えております。

大切なお知らせ

お世話になっている皆様に、大切なお知らせがあります。

実は、私事で大変恐縮なのですが、先月、私に精巣がんが見つかりました。
精巣がんは、10万人に1人しか罹患しない希少がんであり、比較的寛解率は高いとされていますが、進行の速いがんでもあります。即入院と手術をすすめられ、5/12に摘出手術を受け、5/29に生検と造影CTの結果が出ました。

結果、セミノーマで脈管侵襲なし、転移もなく、化学療法の必要性はないとの診断で、これから約5年間にわたる経過観察に入ります。

私自身、今回の件でとても感じるものがありました。

しこりを見つけた時には即座に調べまくりましたし、調べた結果、ほぼ予想された診断で覚悟していたとはいえ、告知された時にはやはり何とも言えないざわつきをおぼえました。なんで今、なんで自分が、とも思いました。今まで何人ものがんの利用者様に関わらせていただきましたが、いざ自分が罹患してみると、想像していたのとはまるで別次元の景色が広がっていました。診断当日、病院からの帰り道、姿形の似ている別の世界にワープしてしまったような感覚で歩いたのをおぼえています。

いわば時間をいただいた私は、自分の心身を通じて得られたこの経験知を、必ず、今後の仕事にいかしてゆかなければならないと思います。

もちろん、安心はできませんし、定期検査が必須となります。皆様にはご不便やご心配をおかけすることもあるかと存じますが、そのような事情ですので、あたたかく見守ってくださいますと幸いにございます。

あらためまして、今後とも変わらぬお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和3年6月5日
株式会社 Skyhook
ナーシングケア いおり
代表取締役 内山 健太郎

サテライト開設のお知らせ

このたび、わたくしどもナーシングケア いおりでは、
弊社の理念に共鳴してくださる方々とのありがたいご縁をいただき、
2020/01/01付で目黒区にサテライトを開設させていただくことになりました。

【名称】 ナーシングケア いおり 目黒サテライト
【住所】 東京都目黒区原町1-12-14-206

サテライトでは特に、障害、精神疾患、小児など、ほんの少しのサポートがあれば、
暮らしの可能性がぐっと広がるような利用者さま、ご家族さまへのケアを幅広く承りつつ、
より皆様の暮らしが豊かなものとなるよう、地域に尽くしてまいりたいと思います。

本ステーションである杉並ステーションともども、
今後とも宜しくお願い申し上げます。

Scroll to top