ワークショップ@喫茶いばしょ

コロナもようやく落ち着きが見えはじめた日曜日、喫茶いばしょで開催された高橋恵子さん主催のアートワークショップに参加してきました。
まんが『家でのこと-訪問看護で出会う13の珠玉の物語』の作者として知られる高橋恵子さんとは、これまで何度かやりとりはさせていただいたのですが、まだ直接お会いしたことはなく、お会いできるのをとても楽しみに伺いました。

Image

戸越公園駅からふらふらと住宅街を歩くこと10分足らずの場所に喫茶いばしょはありました。扉を開けてすぐに感じたことがあります。フラットな床、店長さんの雰囲気、そこにいる人などなど、いろいろな事柄によるのでしょうが、店内が「実際の広さより広く見える」んです。ものづくりに関わってきた者ゆえの性ですぐにそういうところに感覚がいってしまうのですが、それだけでもう運営されている方のマインドが垣間見えて、すごいなあと思いました。

今回のワークショップは、「一期一会」の場で自由に絵を描いてみましょう、描くことでも見ることでもお互いに思うところを表現してみましょうという趣旨で、なんと画材がCARAN d’ACHEの高級水彩パステル!ということもあり、もう楽しくなってわちゃわちゃ描きまくってしまいました。きっとなんの目的も解釈もないまま砂や粘土で遊んでいる時ってこんな感じだったよな、手が勝手に遊びをおぼえて楽しんでいたよなと思いながら描きました。※制限時間をすっかり忘れてまるでおさまらなかったのですが叱られませんでした。

描いたものについてお互いに話すのは自分をさらけだすような印象があるかもですが、実際やってみると、自己紹介というより他己紹介に近いですね。自分の中にいる(らしい)もうひとりの遊んでいたい自分のことを知る感じです。はじめはお互いに言葉を探しながらですが、そのうちになんとなく何について話せばいいのか、ゆっくり掴めてきます。少しずつみんなが参加していくプロセス、答えの用意されてないプロセスは、心がほぐれて愉しいです。それをリードする高橋さんの心遣いも素晴らしかったです。

ワークショップの後、高橋さんとお茶しながらたくさんお話させていただきました。その中で、喫茶いばしょの成り立ちや運営についてもうかがいました。ああ、なるほどな、だからこそああいう大らかでやわらかい空間がつくれているんだなとすごく納得しましたし、頭が下がる思いでした。

喫茶いばしょも高橋さんも、とても素敵です。これからもこのご縁をつないでいきたいなと思いました。ご興味ある方は是非のぞいてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top